Menu

Interviews with Yu Suzuki

Like the proverbial buses, you wait around for an interview with Shenmue creator Yu Suzuki and then two come along at once.

Today a pair of new interviews were published with the man whose input has been curiously unsought for much of the recent media coverage of Shenmue III. But far from ruining a good story, the truth is actually far more interesting, as Yu took the time to explain what we can expect from the most anticipated sequel in video game history, and how it will be distinguished from its predecessors.

First, David de ville met Suzuki-san in September, just before the launch of the Shenmue III Slacker Backer campaign with PayPal support. Yu went into unprecedented detail on the game’s new features and stretch goals, and laid to rest some misconceptions about the scope of the game world.

David’s interview is available in English at Shenmue Dojo, French at Shenmue Master, and Japanese at the end of this post.

Yu Suzuki

Meanwhile Dual Shockers have released their more recently conducted interview here, in which Suzuki discusses his technical ambitions for the game, his creative influences, and the extremely popular hiring of NoconKid.

Also today, because news comes in threes and that’s the magic number for Shenmue, it was announced on Twitter that next week will see a progress report with testing shots from the game – “Ryo is back in action!” Although it’s still early days, fans will be waiting with baited breath for any glimpse of Shenmue III in development.

Now here’s that Japanese version of David’s interview, for those with a flair for the series’ native language:


鈴木裕さんの2015年のインタビュー

1) ダビッド : 鈴木さん、こんにちは。本日、インタビューを行わせていただくことになり、ありがとうございます。宜しくお願い致します。それでは、はじめましょう。シェンムーⅢのKickstarterのキャンペーンが終了してから、二ヶ月ぐらい経過しました。よろしければ、キャンペーンの間の印象を教えて頂けませんか。

鈴木氏 : 皆さんに良く聞かれたのはショーの期間中の印象でしたので、その代わりにE3(ロサンゼルスで行われるゲームショー)が終わったあとや開発について話したいと思います。バジェットが決まったので、そのバジェットに合わせてゲームのフローに従って、現在はUE4のテストに入っています。

2) ダビッド : シェンムーⅡが発売されてから14年が経過しました。今、思い浮かべると、シェンムーⅠとⅡには改善点があったと思いますか。

鈴木氏 : シェンムーⅡを作るときはシェンムーⅠを改善して作ったので、もちろん改善点が沢山ありました。一つの例を挙げると、待ち合わせの時間です。シェンムーⅠでは待ち合わせの時間までただ待つことしか出来ませんでした。なので、シェンムーⅠでは待ち合わせの時間までに遊ぶ要素を沢山入れてあります。待っている時間に違うことをやって欲しいというのがシェンムーⅠのコンセプトでした。シェンムーⅠが終わったらそこに対してストレスが溜まると言うプレイヤーの声が高かったのでシェンムーⅡでは待つシステムを入れることに決めました。その時間まで待つというシステムを使うと、その時間と場所にジャンプすることが出来るようになりました。

3) ダビッド : シェンムーオンラインのトレーラーでは藍帝(らんてい)は龍を、シェンファは鳳凰を召喚して戦っているシーンがありました。このシーンはシェンムーのメインストーリーと繋がっているのでしょうか。

鈴木氏 : シェンムーオンラインのために作った外伝なので、オリジナルストーリーと繋がっていません。

4) ダビッド : まだ、シェンムーをやったことがないプレイヤーにストーリーを分かってもらうために、シェンムーⅢにシェンムーI&Ⅱのストーリーダイジェストコンテンツが追加される予定があります。
それは、昔の動画(シェンムーThe Movie)か、あるいはUnreal Engine 4でリニューアルしたもので追加されるのでしょうか。そして、カットされた「二章 船」の動画版を追加されますか。

鈴木氏 : シェンムー「二章 船」 は追加されません。ストーリーダイジェストに関してはどの形がいいかどうか検討中です。

5) ダビッド : シェンムーファンからのアイデアを聞いたので、お伝えさせていただきます。シェンムーⅢの涼がカメラを持って、写真を撮って、アルバムに保存できるシステムというアイデアでしたが、いかがでしょうか。

鈴木氏 : 涼がカメラを持つというと、ちょっと彼のイメージに合わないと思います。プレイヤーの方が写真を撮ったらいいと思っています。写真の機能が使えるのは以前からやりたいと考えていたので、出来ればやりたいです。

6) ダビッド : 以前、他のインタビューを受けていたときに、鈴木さんはシェンムーⅢの世界のサイズはシェンムーのどぶ板と同じぐらいになると言いましたが、それは全部のエリアですか。それとも一つずつの村がどぶ板と同じぐらいのサイズになるということでしょうか。

鈴木氏 : 鳥舞をどぶ板くらいの大きさにしたいと思っています。他の村については検討中です。

7) ダビッド : 今回は好感度システムによって涼が他のキャラクターと繋がっていることは変わりますが、そのシステムでストーリーの変更や仲が悪いと仲間と会えなくなってしまう設定がありますか。

鈴木氏 : 好感度システムは涼とシェンファーに向けて作ったシステムです。他のキャラに使うかどうかは検討中です。ストーリーやゲーム進行にどれくらいの影響を与えるかどうかは現在実験中です。

8) ダビッド : キックスターター限定の国際テレホンカードで前作で出てきたキャラクターに連絡することが可能ですが、出来る会話が一つ限りなのか又はバリエーションがたくさんあるのでしょうか。

鈴木氏 : 会話は一つ限りではないです。

9) ダビッド : 「ラグドールリアクション」や「AIバトル」や「ハイグランドバトルシステム」というストレッチゴールはまだ達成していませんが、それについて詳しく説明してくださいませんか。

鈴木氏 : 皆さんはご存知かもしれませんが、ラグドール物理演算というのがあって、人体の力を抜くと人形みたいなものになって、キャラクターがだらんとしてしまいます。これだけでやると動きが不自然になってしまいます。
そのため、これにモーションブレンディングしたり、例えば筋肉の抵抗(コンストレイン)を加えると、よりリアルな動きが出ます。バーチャファイターで攻撃をされるシーンはモーションキャプチャーで撮ったシーンでパターン化されていますが、ラグドールというのはそのときの地形やぶつかったときの動きを繰り返さないので、実際はラグドール、モーションブレンディング、IKコンストレインを上手く組み合わせてバトルのリアクション・・・例えばNPCのリアクションをもっとリアルにしたいです。

AIバトルというのは、例えば簡単にいうとパンチのボタンだったら、相手が近かったらジャブ、相手が少し離れていたらストレート、もっと離れていたら移動してストレートというふうに相手との位置や距離や状況に応じて,自動的にバトルの技が出来るようにAIでコントロールしたいです。普通のバトルというのはコマンドを押せばそのコマンドの技が出るという風になっているので、その技が状況に合っていなくても出てしまいます。それは良くないなと考えているので、状況に合った技をだすためにAIでコントロールしたいと思っています。

ハイグランドバトルシステム は、キャラクターの周りのものを使って、バトルに臨場感と戦略を加えて作りたいと思っています。例えば、敵を投げたらドラム缶が崩れてきて敵をやっつけるとか、闘おうとしているときに壁を叩いたら波のように崩れてきたり・・・UE4の物理現象を連鎖させて、より複雑で楽しいバトルを作りたいと思っています。演算を使ってやりたいなと思っています。

ダビッド : シェンムーⅠ・Ⅱではやっていなかったシステムですね?

鈴木氏 : ちょっとやっていました。70人バトルのときにドラム缶が崩れてきたりとか… ですが、あれは14年前の技術でやった表現なので、現在の技術でやったらもっと楽しいものになると思います。

10) ダビッド : シェンムーⅢではシェンファがシェンムーIIと同じように常に涼と一緒にいるのか、彼が一人になることが多くなるのでしょうか。

鈴木氏 : 彼女と一緒にいるときもありますし、一人になるときもあります。

11) ダビッド : シェンムーとシェンムーⅡでアイテムを細かく観察することが出来ましたが、シェンムーⅢでも同じような動作が出来ますか。

鈴木氏 : 出来るようにしたいです。

12) ダビッド : Kickstarterのキャンペーン終了後、更に支援したい方がPaypalで支援出来るシステムが発表されました。それについての詳細を説明して頂けますか。

鈴木氏 : 9月17日からPaypalを開始対応しています。Kickstarterでは1個しか買えなかったのですが、今回は追加の購入が出来ますし、あとは特に日本のユーザーが日本語で申し込むことが出来ますので是非ページを見に来て下さい。基本的にはストレッチゴールにも対応していますので追加金額でストレッチゴールをクリアすると約束している部分が実現出来ます。皆さん、宜しくお願いします。

13) ダビッド : 鳥隼(ちょうじゅん)は昔からプロモーションキャラクターとして使用されていて、シェンムーⅢから登場することになりましたが、どうして14年前からそのキャラクターを紹介されましたか。特別な理由がありますか。

鈴木氏 : 特別な理由がありません。キャラクターが魅力的だったので、僕がそのキャラクターが好きで、早く皆さんに見せたかったからです。

14) ダビッド : 開発の構成によって、シェンムーIIIでは4つのボスがいるということが分かってきました。つまりストーリーを短くして、四天王(らんてい、こうてい、えんてい、げんてい)を含めることにしましたか。

鈴木氏 : 一つだけのことを言います。四天王の藍帝(蒼龍) と炎帝(鳥隼)が出てきます。

15) ダビッド : 日本語と英語音声を選択するオプションが欲しい方が多いそうです。このような選択肢をシェンムーⅢに追加するつもりでしょうか。

鈴木氏 : 日本語版と英語版の音声切り替えが可能かどうか検討してみます。海外では日本語音声で英語字幕が欲しい人が多いですか。出来たら、一回アンケートを取ってみたいですね。

それでは、最後の質問です。

16) ダビッド : シェンムーファンや又はシェンムーを初めてプレイする方々に伝えたい特別なメッセージがありましたら、どうぞ。

鈴木氏 : シェンムーファンの皆さんについては14年間ぐらい待ってくれて、本当にありがとうございます。シェンムーⅢではシェンムーI&Ⅱにない、新しい遊びをチャレンジしようと思っています。シェンムーI&IIとか全く同じ遊びを期待している人がいるかもしれませんが、鈴木裕は常に新しいことにチャレンジするクリエイターだと思って、シェンムーⅢを応援してくれると嬉しいです。新しいシェンムーを応援して下さい。

はじめて遊ぶ人については、シェンムーIとⅡを遊んでなくても、知らなくても楽しく遊べるように、シェンムーⅢを作る予定です。はじめてのプレイでも、シェンムーの良さが伝わるようなゲームになるので、是非遊んでみてください。

インタビューを読んで下さった皆さん、ありがとうございます。鈴木裕さんとYSNETのスタッフの皆さんにも大変感謝しております。

シェンムーIIIは2017年12月末に発売予定です。興味がある方は是非、シェンムーIIIの公式サイトのページをご覧下さい。

http://shenmue.link/

予約購入のページはこちらです。

http://shenmue.link/order_jp/


Remember to check out more news and updates from TeamYu here at there official website:


 

Bertie Wiseman
In order for Shenmue 3 to be the best game we could want, remember to make a donation at Shenmue 3 website – (https://shenmue.link/order/) If you missed out during KickStarter and it’s great way to show support and become part of gaming history.

There are still stretch goals to be reached.

Created this website for the Shenmue500K group but when Shenmue 3 Kickstarter happened… What other role it needed to play. This website will bring you all the latest (New,Updates and Interviews and maybe even odd article from myself). Regarding Shenmue 3 Development over the next 2 years.

Enjoy 😉

Comments

comments

Bertie Wiseman
In order for Shenmue 3 to be the best game we could want, remember to make a donation at Shenmue 3 website - (https://shenmue.link/order/) If you missed out during KickStarter and it's great way to show support and become part of gaming history. There are still stretch goals to be reached. Created this website for the Shenmue500K group but when Shenmue 3 Kickstarter happened... What other role it needed to play. This website will bring you all the latest (New,Updates and Interviews and maybe even odd article from myself). Regarding Shenmue 3 Development over the next 2 years. Enjoy ;)

500K Translator

PayPal Donations can be found here (Please Click on the Image Below)

500k Members

2014 Playstation Experience what it should of been like: Shenmue

Shenmue:HD by NonConKid

Credits to NonConKid